530: 名無しさん@お腹いっぱい。 2019/01/27(日) 12:33:27.96 ID:TdOdOnNo
    >>524 
    ネタ漫画化加速と言えば彼岸島を思い出す 
    作者の発言知らないから確実に萌えてたのかは解らないけど 
    主人公の兄貴がとにかく強くて優しく頼れる良い男でもうこいつ一人で良いんじゃないかな感がかなりあって 
    主人公も最初はただの学生だし仕方ないにしても修行成長してもここぞという場面でヘタレてやっぱり兄貴なしじゃ駄目みたいに思える時期もあった 

    でも結局兄貴も死亡してその後は主人公バーサーカー状態になったりして延々話は続くし 
    今となっては何でもなかった事だけど


    moedame


    【彼岸島はまだ使えるキャラあっさり殺す展開多すぎ】の続きを読む

    126: 名無しさん@お腹いっぱい。 2018/12/05(水) 19:39:18.84 ID:yai1+eAp
    話はズレるけど「メアリー・スー」ってもはやちょっと古い概念だよね 
    根っこに腐女子と夢女子の対立があったことが知られるようになってから 
    なーんだって感じになってきてさ


    moedame


    【「メアリー・スー」ってもはやちょっと古い概念だよね】の続きを読む

    538: 名無しさん@お腹いっぱい。 2019/01/28(月) 14:35:30.65 ID:x6lnXXLW
    去年やってたウルトラマンルーブのアサヒが萌え駄目キャラだと思った 

    ・主人公兄弟の妹?キャラとして登場 
    ・周囲の人物の記憶を改変し、昔から居た存在かのように振る舞う(本人は無意識) 
    ・実写現代劇としては浮くような萌え萌え丁寧語口調(後ろから目隠しして「だ~れだ?」という場面で「だ~れです?」等々) 
    ・スイーツを食べる場面が無意味に多い 
    ・自分の本当の正体に疑問を抱き、家出をする 
    →未解決のまま戻ってくる 
    ・視聴者人気の高かった敵キャラが雑に退場した後、アサヒと対になる女子キャラ『ツルちゃん』がメインとして登場 
    ・ツルちゃんとの百合っぽいやり取りがシリーズを通して繰り返される 
    ・ツルちゃんとアサヒが互いに絆を深めようとした劇的なきっかけは特に無い 
    ・最終的に敵キャラとなったツルちゃんと主人公兄弟が戦うことになるがアサヒは「やめてください」と叫ぶのみに留まる 
    ・戦う→やめてください→戦う、のループが無意味に続く 
    ・力尽きたツルちゃんはアサヒに自分の使っていた変身アイテム(PCで言うとハード)を渡した後、光となって消える 
    ・最終話でアサヒの正体は変身アイテム(PCで言うとソフト)であることが発覚 
    ・兄弟のために光となって消える(変身アイテムは使ったからと言って消えるわけでもないのに) 
    →その後、特に理由も無く空から舞い降りて帰還(ラピュタっぽく兄弟に受け止められる) 
    ・今年上映される映画は史上初のJKウルトラマンとしてアサヒが活躍予定とのこと 
    ・担当プロデューサー(ツ○タ)の愛称がツルちゃんであることが関係者のツイートにより判明する 

    主人公兄弟や怪獣、悪役、世界観の掘り下げなどがほとんど行われず、往年のファンからも苦情が出るくらいグダグダなシリーズになった


    moedame

    【ウルトラマンルーブのアサヒが萌え駄目キャラっぽいと感じた?】の続きを読む


    101: 名無しさん@お腹いっぱい。 2018/12/03(月) 21:20:51.44 ID:azxwiohh
    最初から腐った関係が見たいなら商業BLかそれ系のオタ向け漫画読むよな 
    そういえば原作のデビルマンって主人公と親友に萌えてた腐はいたんだろうか 
    もしいたとしたらラストの了→明のガチ恋愛感情な展開ってどういう反応だったんだろう


    714VSTbomuL._AC_UL320_SR226,320_


    【原作デビルマンは萌えというか興味が完全に了と明に移ってる感じ】の続きを読む

    371: 名無しさん@お腹いっぱい。 2019/01/08(火) 15:20:31.62 ID:h2//Pigm
    Eテレアニメのクラシカロイド二期のワーグナーって萌え駄目かな 
    単なる嫌なキャラにしか見えなかったけど、何故かヒロインとの間にいつの間にか家族の絆が出来ていていつの間にかみんなの大事な仲間、みたいな扱い 
    でも各キャラとの掘り下げがあったわけでもない 
    前世ではワーグナーと義理の親子だったキャラも、作中で掘り下げもなかった、むしろ怪しんでいたのに 
    「一応義理の息子だから」みたいな理由でピンチの時は助ける 
    過去も苦労苦労の可哀想なものばかりで、この子は苦労したのよ可哀想でしょ、という感じが鼻についた 
    おかげで1期からのキャラがほぼ空気だったしただでさえキャラが多いのに肝心の音楽も偏ってた 
    監督が若い新人に変わったせいか、脚本も一期に比べると二次創作のような話ばかり 
    新人監督はtwitterで虹垢をフォローしたり色々香ばしい事をしていたようだから嫌な予感はしていたが
    元々人を選ぶツッコみどころ満載のカオスな作品ではあるけど、楽しめる人には楽しめる作品だったんだけどな



    moedame

    【クラシカロイド二期のワーグナーって萌え駄目かな】の続きを読む

    このページのトップヘ